Home > 信州自遊塾NEWS > 講座と活動情報 > 平和ってなんだろう~軍隊を捨てた国コスタリカから考える~

講座と活動情報の記事

平和ってなんだろう~軍隊を捨てた国コスタリカから考える~

2016.06.19 | カテゴリー:講座と活動情報

軍隊を持たないと宣言する「平和憲法」を持つ国は、日本以外にも2つあります。その内の一つ、南米のコスタリカは、日本同様に憲法で常設軍を廃止すると定め、日本と違って実際に持っていない国です。また、「積極的永世非武装中立宣言」をし、ノーベル平和賞ももらっています。

それは可能なことなのでしょうか? どうやって実現されているのか? その実体は? コスタリカってどんな国?

コスタリカの研究家で、コスタリカに関する書籍を何冊も著作している足立力也さんが松本に来て、お話しされます。
平和の種をまく会・平和を考える市民の広場・みどり信州による「足立力也さんのお話を聞く会」の主催ですが、ちょうど信州自遊塾でもお招きしようとしていたところで、共催します。
またとない機会ですので、ぜひご参加ください。

  • 「平和ってなんだろう~軍隊を捨てた国コスタリカから考える~」
    講師:足立力也氏
  • ■日時:7月24日(日)18:00~20:30
  • ■会場:Mウイング(松本市中央公民館)3-1・2

画像をクリックしてチラシ(PDF 1ページ 0.7MB)をご覧の上、こぞってご参加下さい。

参加事前申し込みは講座の申込みページまたは、チラシ記載のFAX・電話にお願いします。

このページのトップへ