HOME > 信州自遊塾NEWS > その他のお知らせ > 安保法制=戦争法案の強行採決に反対します~7/19松本アクションに参加を!

その他のお知らせの記事

安保法制=戦争法案の強行採決に反対します~7/19松本アクションに参加を!

2015.07.12 | カテゴリー:その他のお知らせ

塾長 松本 猛

報道などでご存知のこととは思いますが、安部首相は圧倒的多数の憲法学者や歴代内閣法制局長官、弁護士などが「違憲」と指摘しているにもかかわらず、安保法案を強引に押し通そうとしています。憲法を無視してこれらの法案を成立させたら、立憲主義が崩壊し、日本が再び戦争に巻き込まれる危険性が急速に増大します。  信州自遊塾としてもこの問題を静観することはできないと考えます。

7月19日に、私や、ジャーナリスト金井奈津子さんや信大の憲法学者らが中心になって松本でも大きな安保法案反対のための「719松本アクション」を企画しています。「戦争をさせない1000人委員会・信州」や「9条の会」の方々もいっしょに取り組んでいます。
会員の藤森病院の院長、西牧敬二さんや牛伏寺副住職の大谷宥秀さんも、チラシに名前やメッセージを出して参加を呼びかけています。

今まで、集会などに参加されたことのない方々にも是非参加していただきたく、これまでの集会とはまったくイメージの違うイベントになります。
7月19日、知り合いの方々をお誘いいただいて、松本パルコ前の花時計公園に集まっていただければ幸いです。よろしくお願いします。

※長野市では7月20日13:30~トイーゴ4Fで、「戦争法案に反対する教育関係者緊急集会」(終了後デモ行進)があるなど、長野県各地で連日同様のアクションが予定されています。

7/18追記:参加される方にプラカードとして使えるちひろの絵を使ったデザインを作りました。よかったら使ってください。拡散OKです。

このページのトップへ