HOME > 信州自遊塾NEWS > 紙面講座 > 紙面講座Vol.4「ポスト・コロナに向けて、これからのライフスタイルと生き方を提案する」

紙面講座の記事

紙面講座Vol.4「ポスト・コロナに向けて、これからのライフスタイルと生き方を提案する」

2020.06.07 | カテゴリー:紙面講座

コロナ対応で始めました「紙面講座」の第4号です。
テレワークやリモートなど選択肢が増えたこともあり、地方移住を考える人が増えていると耳にします。
今回の増田望三郎さんも安曇野への移住者であり、ゲストハウス「安曇野地球宿」と農業を営み、周りから“望(ぼう)さん”と慕われる、人間的にも魅力的な人です。信州自遊塾では設立当初からの運営委員であり、安曇野市議会議員を務め、最近では、移住者支援や空き家活用を取り組むまちづくり会社「ベースキャンプ安曇野」を仲間と設立予定など、多方面で精力的に活動されている方です。 信州自遊塾は3.11を機に、「これからの人間の生き方を考えよう」と発足しましたが、今回のコロナの疾疫災でも、人生や生き方を見つめ直す人が少なからずいるのではないでしょうか。

自遊塾は、まだ通常の活動に戻れる目途は立っていませんが、紙面講座を続けることで、会員のみなさんと繋がっていたいと思っています。今後も会員さんからの発信等で内容を充実させていきたいので、ご意見・ご感想・ご質問など200~300文字程度でお問い合わせフォームからお寄せください。ご投稿お待ちしております。

信州自遊塾事務局


紙面講座Vol.4 PDF (600KB)

このページのトップへ